超かんたん!失敗なしの豚バラ肉煮込み

豚バラ肉の煮込みは意外とかんたん?!

 

今日は、雪が降りそうなくらいの寒さでしたね(^^;;

こんな日は鍋料と思いつつ、我が家は鍋が苦手なので、大人気?!豚バラ肉の煮込みをつくることに!

毎回、争奪戦なので数を数えるのですが、今回も油断したすきに半分なくなってました( ; ; )

なので、2回目の豚バラ肉もつくることになりました(笑)

このメニューはとても簡単にできるので、つくりかたもかいておきますので、よかったらみなさんも参考にしてください^ ^

 

豚バラ肉の煮込みかんたんレシピ

 

  ☆材料(2から3人前)

1.豚バラ肉  600から800g

2.つけ汁の材料

①お水適量。お肉がお鍋に並べてかぶるくらいの量。

②しょうが ひとかけ⭐︎スライス、もしくは、

しょうがのチューブで適量。

③酒(大さじ3杯くらい)、さとう(大さじ1杯弱) 、塩(少し)、

しょうゆ(お玉で2分の1くらいの量、お好みの濃さで)

3、①煮卵も一緒につくる場合は、ゆで卵。

②お好みで長ネギもザク切りで一本弱

 

  ⭐︎つくりかた⭐︎

1、豚バラ肉は、好きな厚さで切りましょう。最初にゆでると小さくなるので1.5センチ以上がおすすめです。

2、鍋に切った豚バラ肉を並べ、水をお肉がかぶるくらい入れます。フタをして、そのまま強火で沸騰するのを待ち、沸騰したら吹きこぼれないくらいの火加減にします。

※この時、アクが出ますが気にしないでそのままで大丈夫です。

3、20分くらい煮たら火を止めフタを閉めたまま、20分以上蒸します。

4、冷めたら、下の写真の白いアブラ(ラードです)を取り除きます。

※冷凍保存し、ラードとして使うこともできます。

 

 

5、2から4を、あと1から2回繰り返します。お肉の柔らかさはお好みですが、私は少し歯ごたえが残っている方が好きなので、全部で2回です。

トロトロお肉がお好きな方は、2回繰り返します。全部で3回です。

6、別のお鍋に煮汁の材料を用意します。材料を合わせて軽く混ぜておきます。

私は、保温性もある土鍋を使っていますが、フタのできるお鍋なら土鍋じゃなくて大丈夫です。

7、最後にゆでたらお肉が温かいうちに、6、の別鍋にお肉を映します。

8、お肉を移したら、お鍋を中火にかけます。ゆで卵があれば煮卵にできるので、いっしょにお鍋にならべます。

9、沸騰するくらいまでになったら、弱火にしてフツフツするくらいの火加減にしフタをします。10分くらい煮ます。

10、あら熱が取れ人肌以下までに冷めたら、9の要領で煮ます。こちらもお好みですが味がよく染みるには、3回くらい繰り返すと良いと思います。

 

 

11、3回繰り返してフタを開けるとこんなかんじになります。

※煮卵なしの例

 

 

煮卵を別に取るとこんなかんじです^ ^

新しい卵なのでキレイにむけなくて残念(^^;;

 

 

 

まとめ

 

 

 

我が家は、帰り時間もバラバラなこともあり、鍋物がいっしょにできません。

もともとあまり一つ鍋をつつくことが子どもたちは好きではないので、こちらの豚バラ肉の煮込みは、それぞれ好きな時間に個別に温めて食べられるので、最近大好評です^ ^!

また、今はコロナ禍ということもあり、予定変更などがあっても、冬の今は翌日までは火を入れれば、冷蔵庫に入れなくてもすぐに食べられるので、急なお昼ご飯の一品になります。

煮卵これだけでも、お弁当のおかずになるので土日に私はよくつくります。

お肉さえ切れれば、包丁もほぼ使わず簡単に失敗もなくストレスフリーなのので、ぜひつくってみてくださいね^ ^

急にお料理ブログになってしまいましたが(笑)今日はこの辺で。

ではではまた^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。